イングリッシュ・セターで木口

甲子園

終わりましたね。よもや、前橋育英が優勝するようなフェスティバルになるとはね。始まる前は、浦和学院の春夏場連覇なるか、大阪桐蔭の夏場2連覇なるかとかが、話題になっていたフェスティバルでした。そうして、エースになる腹積もりでしたが、神奈川の桐光学園の松井。前年のフェスティバルで22奪三振の、フェスティバル録画作った投手が出てこなかったり、それぞれとしては、どうだったのか?あとは、有力スポーツマンが2年生が多かったのもあったみたいで、スカウトさんは、ほとんどめぼしはないフェスティバルだったみたいですが、ハイスクールのもうあとの乏しい天王山って、ベテラン野球も良いけれども、そんな誠実なコーディネートって素晴らしいですしね。けれども、弱者をえらく、美化するのは、やめたもらいたいですね。かといって、大成至上スタンスも問題ですしね。取り敢えず、何はともあれ、甲子園が終わりましたね。これで、急に涼しくなって、秋のように、いいウェザーになっていくのかな?只今、暑くてどうにもならないですしね。いやあ、これで、秋にかけていくのかな?
キャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です