須山で小田島

江戸っ子

江戸っ子みたく、しといった、ひが、言いずらいらしく、言えなかった、絶えずおっかなそうな、ごついお方、土橋正幸さんが、お亡くなりになりました、残念ですね。ヤクルトのディレクターやられたときは、酷い時世でしたね。軽くて困った時世でしたけれども、なんかしらないですが、茶目っ気あって、なぞ、江戸っ子オヤジがディレクターやる感じで、不思議と呼物あったのでしょうけれどもね。そうして、日本ハムのディレクターもやって、そのあと、マスターズリーグのディレクターもやってくれました。
http://www.stlaurence-barkingside.co.uk/
あとは、サンデー朝飯で、大沢親分が亡くなった残り、張さんが、1人間になった場合、はじめの毎回の先方が、土橋さんだったような。で、張さんのチームメイトであり、達人でもあるから、貴重な立場でしたけれどもね。今は、概ね、張さんよりもお年底ですから、野球界のやつだと、見識は張さんに押し切られてしまうからね。考えを使いますしね。
とにかく、一層、ご冥福をお祈りいたします。張さんのおしゃべりは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です